プロのメイクさんが使用するメイクスポンジ(メイクパフ)TOFU(トーフ)スポンジを販売しております。

プロのメイクさんが使用するメイクスポンジ(メイクパフ)TOFU(トーフ)スポンジを販売しております。


ぜひこの機会にTOFUスポンジをお試しくださいね。

TOFU LOVE(2ピース入り)
価格380円+税

【レターパックライト発送商品:送料350円】6個までの同梱はこちら

【レターパックプラス発送商品:送料500円】7個以上はこちら

<「TOFU」のご使用方法について>>

以下に、Q&A形式でご案内させていただきます。

□Q:どうやって使うのですか?

■A:基本的に、「水あり」使用となります。

「水あり」の状態でお使いになると、「水なし」で仕上げるよりも、ファンデーションが薄くのびるので、ナチュラルに仕上がります。    

使いかたは、

1)スポンジに水を含ませる。

スポンジ全体が、水分を含んでふくらんでくるまで、が目安です。

流水で、スポンジの中までたっぷりと水を含ませたり、付属の’トレイ’にTOFUをのせて、水を含ませてもいいですね。そして、ときどきTOFUの面をかえてジュッジュッとスポイトに水を含ませるときのようにして全体に水分をいきわたらせましょう。     

スポンジ全体に水分がいきわたると、まるで高野豆腐が戻っていくときのように、少しずつ大きくなっていきます。その変化を眺めるのも楽しいですよ♪

2)カタク(キツク)絞る。

ティッシュでTOFUをくるみ、’トレイ’を水受けにして絞ると絞りやすいですよ。

※ナチュラルな仕上がりが好みの場合には、ゆるく絞ると、さらにうすづきな仕上がりにすることができます。

※ただし、2ウェイタイプではない、「パウダータイプのファンデーション」をお使いの場合は「水なし」(ドライの状態)でお使いくださいね。

※また、お好みで、リキッドタイプでも、水なし」使用、OKです。「水あり」よりも密着度が増し、マットな仕上がりになります。

——–
——–

□Q:メンテナンス方法は、どうしたらいいのですか?

■A:1度お使いになりましたら、使った後、まだスポンジに水分が含まれた状態で、すぐにぬるま湯や石けん水で洗っていただくと、比較的落ちやすくなります。(乾ききってしまうと、ファンデーションの着色が取れにくくなります。)

落ちにくい場合には、スポンジやメイクブラシ専用の’クリーナー’等で洗っていただくと、完全ではないですが、白さが戻りますよ。

洗い終わりましたら、水気をしぼって、陰干しして、また使いましょう!

——–
——–

□Q:どのくらいもつのですか?

■A:ご使用頻度にもよりますが、週5日、メイクをする場合ですと、目安は1ヶ月ほどです。

スポンジを洗いますと、完全に乾くまでに約2日ほどかかります。

そのため、1つ使ったら、別の新しいものと交替しながら使う場合を想定しております。

~4つを順繰りに使ったとすると、1つのスポンジのローテーションは4,5回になりますので、およそ1ヶ月、とお考えいただければと思います。

・汚れが落ちにくくなってきたり、

・肌あたりが悪くなってきたり、

・スポンジのキワがギザギザして、細かい部分がつけにくくなってきたら、

買い替えどきです!

基礎化粧品や、綿棒、コットンと同様に、スポンジも消耗品です。

メイクをする日は必ずお肌に触れるものなので、いつも清潔にしていたいものですよね^^
見えないところにこそ、こだわりを・・!

———————————-

それでは、プロフェッショナルメイクアップスポンジ「TOFU」を是非、お試しになってくださいね。☆

メーカー
クロスマーケット

商品名
「TOFU LOVE」プロフェッショナル・メイクアップ・スポンジ

個数
1袋(内容量:2ピース) 
※お手入れをしていただくことで1袋1ヶ月~1ヶ月半がご使用の目安となります。

材料
親水性ウレタンフォーム

ご使用方法
1. まず、お化粧前にスポンジを水又はお湯に浸します。(1.5倍に膨れます。) リキッドファンデーション、ツーウェイタイプ、エマルジョンタイプの固形ファンデーションをご使用の場合は水に濡らして使用すると仕上がりがよくなります。★パウダーファンデーションをご使用の場合は水に濡らさずにご使用ください。2. 水が出なくなるまで硬く絞ってからお使い下さい。3. ファンデーションを適量、スポンジに取りお肌全体を軽くたたくようにして重ねづけします。4. 鋭角の部分を使い、お顔細部のメイクも可能です。5.汚れたスポンジは、ぬるま湯、石鹸、中性洗剤等を使って軽く押し洗いし十分にすすいだ後水気を切って、陰干しして下さい。

ご使用上の注意
幼児の手の届かない所に保管して下さい。
記載の使用目的以外には使用しないで下さい。